スタインウェイとは

 

 

スタインウェイの歴史

 

ピアノ業界を常にリードする

スタインウェイと言えば、その名を取らない人がいない!というほど、世界的に有名なピアノメーカーですね。スタインウェイが創立されたのは1853年、今から約160年も前のことです。アメリカのマンハッタンで、スタインウェイ・サンズ社として創業をスタートして以来、これまで多くのピアニストに愛用されてきました。創立者のドイツ人ヘンリー・エンゲルハート・スタインウェイ氏(ドイツ語読みで、ハインリッヒ・エンゲハルト・シュタインウェヒ)の名がそのままブランド名となりました。スタインウェイ氏の祖父は炭焼き職人、父は木材関係の仕事をしていたことが、後にスタインウェイ氏がピアノの製造に深く関わることについて、大きな影響をもたらしていたのではとも言われています。

スタインウェイホールの建設

スタインウェイのピアノの音色を素晴らしさを体感してもらうために、創立されたのがスタインウェイホールで、有名なピアニストの演奏が聴ける場所として繁栄を極めていました。第二次世界大戦の間も苦境を乗り越え、これまでにピアノ製造において100以上もの特許を取得しています。現在も、世界各国のコンサートホールで、スタインウェイのピアノは、世界中のピアニストによって演奏されています。

 

 

スタインウェイの値段

 

スタインウェイセンター高崎について

スタインウェイのピアノは、どれぐらいの価格で販売されているのでしょうか。そして、日本国内でスタインウェイのピアノを購入するとしたら、どこのお店が良いのでしょうか。一言でピアノと言っても、新品もあれば中古品もあり、アップライトピアノもあれば、グランドピアノもあります。グランドピアノも本体のサイズが異なり、使用している素材などによっても、価格に格差が生じてきます。ここでは、信頼性の高いお店・スタインウェイセンター高崎について、ご紹介したいと思います。スタインウェイのピアノを取り扱う正規店として、これまでに多数の販売実績があります。店内には、ショールームがありますので、まずは目で見て手に触れて、その魅力を音で感じとってみて下さい。

人気のピアノ

スタインウェイセンター高崎で人気のピアノをいくつかご紹介しましょう。創立150周年記念限定モデルのピアノは、販売価格が現在890万円となっています。1827年に出荷されたピアノは、現在498万円でドイツのハンブルグ製です。現在、店内で販売されているスタインウェイのピアノの中でもっとも高額なのは、設立150周年記念モデルのホワイトエボニーの色のピアノです。その質感の高さは、言葉ではとても表現しきれないほどで、美しい輝きを放っています。

 

 

スタインウェイの特徴

 

世界最高級のピアノ

スタインウェイの魅力を一言で表現するのは難しいですが、あえて短い言葉で語るとしたら、「世界最高級のピアノ」だということです。これまで世界の歴史に残るピアニストの名を挙げるのに、スタインウェイのピアノなくしては、とても語れないほどです。現在、世界中に1300人以上ものスタインウェイのピアノを演奏するピアニストが存在していると言われています。世界中のピアニストをとりこにするスタインウェイのピアノの魅力は、いったいどのようなところにあるのでしょうか。160年もの長い歴史と伝統を持つ老舗のピアノメーカーとして、これまで数多くの特許を取得しており、木の温かいぬくもりが感じられ、ひとつひとつの音の響きにこだわって製造されていることが、根強い人気の秘密ではないでしょうか。

年代物から最新作まで

スタインウェイのピアノは、年代物から最新作まで、ピアノの製造技術について常に進化を遂げており、素材選びから製造技術、品質管理まで徹底的にこだわっています。ピアノ1台を製造するのに、1年もの長い月日をかけており、プロの職人が心をこめて作っているので、質感の高さが感じられますね。ローマは1日にしてならずという言葉があるように、スタインウェイのピアノは、まさに1日にしてならずという感じで、老舗のピアノブランドの名に溺れることなく、常に質の高いピアノを作り続けて技術的にも成長しているところに、その素晴らしさが感じられます。